top of page

Workshop in Tsukuba

つくばでの茨城集談会とワークショップ無事に終わりました。コロナで久々のワークショップ。

 今回は世話人の先生方にも参加いただいて、エキスパートの講師がテーブルインストラクターに付きました。講演だけでは伝えきれないこまかい手術の手技を、計画を立てて、実行に移し、修正と確認を行いながら手技を完遂することをお示しすることができたかと思います。

 モデルボーンに鶏肉を巻きつけたら、大腿の筋肉に見えてくるものです。実際の手術ではできない色素の液を流して、液が流れる様子を確認したり、後でさばいて広がる範囲を確認したりすることで、手術中には見えないところで起こっていることが想像できるようになるのではと思います。

 しかし、参加した先生方の熱量に圧倒されました。

 

「なんとなく知っている」と「ちゃんとできる」は別なので、このような機会を増やしていきたいと思います。











閲覧数:147回0件のコメント

最新記事

すべて表示

N大学のT先生がCLAPを対象に当院に見学にいらっしゃいました。人工関節などの待機手術と違って、外傷や感染は予定できないので来てみないとわかりません。まあ2日もあれば、症例に出くわすでしょうとはいったものの、半信半疑で来姫。 しかし本当にやって来るもので、プレート固定後の深部感染。 骨髄炎とは思えない外観や、血液検査データでしたが、 「瘻孔がある。」 「術前に深部検体から嫌気性菌が検出」 「罹患骨

bottom of page