top of page

Surgical technique

NSTI(壊死性筋膜炎)に対するCLAPの寄稿です。1週間くらい前に人食いバクテリアっていい加減なヤフーニュースになってたけど。

人食いバクテリアはレンサ球菌。stageが進んで手遅れになるまでほっておかない限りなんとか救命と救肢はできるようになった。更にその上を目指していかに機能予後を良くするか?

今年の骨関節感染症学会に24例のcase serieseを提出します。


扱える施設は限られていて、救急医のバックアップは必須。


めったに巡り合うものではないのですが、外観からは重症に見えないのが怖い。外観の割にデータが悪いと頭の片隅においてほしい疾患です。MRIを取る時間があればエコーを当てたほうが早いので特徴的な所見を覚えておいて。cobble stone patternが蜂窩織炎に特徴的ですが、そのしたに水の層があるとやばいサインです。ちょうど氷が入ったジュースの様にエコーを当てるとふわふわと氷の層とそのしたに水の層が見えます。それを見たらすぐに適切な施設に送ってください。がメッセージです。


エコーはかなり有用なので普段からいろんな手術中に使ってみては。と言う目で読んでいただければと思います。






閲覧数:157回0件のコメント

最新記事

すべて表示

CLAP ハンズオンセミナー in 西日本整形災害外科学会のお知らせ

まだ定員に若干名の余裕があります。今週末の開催です。ただし西日本整形災害外科学会への参加が条件です。西日本の先生で学会参加予定の方は検討ください。CLAP 研究会の世話人がテーブルインストラクターで指導させていただきます。 成書や論文を読んでもなかなかわかりにくいもの。実際にモデルを使って体感していただければ手術の時にも役立ちます。 それとは別に透明の筋肉、骨を用いたデモを行います。骨内でどのよう

Bone & Joint Researchに掲載されました。

神戸大学の外傷グループからの論文です。 骨髄内の細胞に対する高濃度ゲンタマイシンの組織障害性の研究が掲載されました。過去の報告に比べて、骨芽細胞系の実験細胞ではなく、生体内の細胞集団を用いていること、いろいろな角度から評価していることが特徴です。多くの評価でGMが750μg/ml以上で組織障害がありそうとの傾向です。in vitroの結果ですので、臨床の体内の環境とは異なるためそのまま当てはめるこ

Comments


bottom of page