top of page

大腿骨慢性骨髄炎の急性増悪

​CLAPにより炎症沈静化

Case 5

症例:63歳代 男性 

15才のときに骨髄炎を発症。

大腿骨果部の骨片は翻転しており、骨折面が露出

​骨折面の表面は黒い粒子が付着している。

さて治療方針は? 

ここからは会員ページへ

bottom of page