上腕骨遠位粉砕骨折に対してダブルプレートでの骨接合

​未治療糖尿病を合併した術後感染

Case 3

症例:87歳代 女性 

自宅で転倒して受傷、近医搬送され上腕骨遠位粉砕骨折と診断

入院時に未治療糖尿病が見つかった。HbA1c 9.0

術後14日目に創部から浸出液をみとめた。

骨片の粉砕は高度で骨欠損もあるので

人工骨を(βTCP)を充填して

なんとか関節面を再建することはできた。

さて治療方針は? 

ここからは会員ページへ