top of page

論文

更新日:2023年12月26日

11月にCLAP研究会の世話人メンバーから論文が出ました。


横浜市大の崔先生のグループです。

股関節の真菌感染のPJIに対してCLAPを行ったケースシリーズです。

真菌感染に対する局所投与として初めての論文です。

今後抗真菌薬のCLAPのレジメはこちらを引用されることが増えるのではと思います。


加古川医療センターの 高原先生のグループです。

CLAPで難治性潰瘍に対する治療のケースシリーズです。

形成と合同での発表で、今後形成外科の分野でも注目されるのではと思います。

今後はiSAPと洗浄NPWTやIWCOMPITの使い分けが話題になってくると思います。

来年の4月の形成外科学会でも招待されて講演を行います。


それ以外からも論文が出ています。


RSAのPJIに対してCLAPでDAIRできた1例報告です。


PJI(膝、股関節)合わせて8caseのreportです。


勢いついてきましたね。





閲覧数:155回0件のコメント

最新記事

すべて表示

OTA:Open fractures: Current treatment perspective

Open fractureのところでCLAPが紹介されました。 https://journals.lww.com/otainternational/fulltext/2023/06001/open_fractures__current_treatment_perspective.7.aspx 千葉大学からもPVO(pyogenic vertebral osteomyelitis)に対して2stag

あけましておめでとうございます。

今年の骨関節感染症学会は出雲で開催されます。 https://kwcs.jp/jssbji2024/index.html 昨年は三重県で開催されたので、伊勢神宮、出雲大社と日本三大大社巡りになっていますね。テーマは「難治性骨関節感染症への挑戦〜be a game changer~」です。まさにCLAPにピッタリのテーマだと思います。数年前までの、この学会の雰囲気からは随分変わってCLAPの占める割

bottom of page