top of page

論文

更新日:2023年12月26日

11月にCLAP研究会の世話人メンバーから論文が出ました。


横浜市大の崔先生のグループです。

股関節の真菌感染のPJIに対してCLAPを行ったケースシリーズです。

真菌感染に対する局所投与として初めての論文です。

今後抗真菌薬のCLAPのレジメはこちらを引用されることが増えるのではと思います。


加古川医療センターの 高原先生のグループです。

CLAPで難治性潰瘍に対する治療のケースシリーズです。

形成と合同での発表で、今後形成外科の分野でも注目されるのではと思います。

今後はiSAPと洗浄NPWTやIWCOMPITの使い分けが話題になってくると思います。

来年の4月の形成外科学会でも招待されて講演を行います。


それ以外からも論文が出ています。


RSAのPJIに対してCLAPでDAIRできた1例報告です。


PJI(膝、股関節)合わせて8caseのreportです。


勢いついてきましたね。





閲覧数:186回0件のコメント

最新記事

すべて表示

CLAP ハンズオンセミナー in 西日本整形災害外科学会のお知らせ

まだ定員に若干名の余裕があります。今週末の開催です。ただし西日本整形災害外科学会への参加が条件です。西日本の先生で学会参加予定の方は検討ください。CLAP 研究会の世話人がテーブルインストラクターで指導させていただきます。 成書や論文を読んでもなかなかわかりにくいもの。実際にモデルを使って体感していただければ手術の時にも役立ちます。 それとは別に透明の筋肉、骨を用いたデモを行います。骨内でどのよう

Bone & Joint Researchに掲載されました。

神戸大学の外傷グループからの論文です。 骨髄内の細胞に対する高濃度ゲンタマイシンの組織障害性の研究が掲載されました。過去の報告に比べて、骨芽細胞系の実験細胞ではなく、生体内の細胞集団を用いていること、いろいろな角度から評価していることが特徴です。多くの評価でGMが750μg/ml以上で組織障害がありそうとの傾向です。in vitroの結果ですので、臨床の体内の環境とは異なるためそのまま当てはめるこ

Comments


bottom of page