top of page

第46回骨関節感染症学会 in 三重


初日の朝からCLAPのセッションが2つ、第2会場は席が足りず、急遽椅子を運び込むことに。関心の高さが伺われます。研究会のメンバー以外の発表も多く、discussionも時間が足りないくらい盛り上がりました。午後からはシンポジウム違う分野の演者でいろいろ身のある討論ができたのではと思います。4,5年前はCLAPって?と言う感じでしたが時代は変わりました。感染談義は暗い話が多いのですが、どうやって治すか建設的な話が多いです。


それからgood news!

new generation iMAP pinが、正式に医療機器としてCLASS IIIの認可がおりて骨に長期に留置してもよいデバイスになりました。世界の戦争の影響で、金属の材料が海外から入手しにくく供給できるのは少し先になります。CLAPの治療は、他にも適応外使用の部分があるのでまだまだですが、大きな一歩となりました。多くの人が臨床使用していくことで他の部分の保険収載にも繋がっていきます。


全員懇親会からのCLAPメンバーで打ち上げ。感染談義はどこまでも盛り上がり、JRAからは馬への応用も、最後は拍手(CLAP)で。


CLAP研究会のメンバーの間でも骨接合後感染の他施設研究が始まりました。脊椎分野でも同門の他施設の後ろ向き調査を報告されていました。今後はより多くのデータを集積して治療の標準化を目指していきたいと思います。


来年のこの学会が島根で開催されます。より多くの知見がまた集まって、議論が白熱することを期待して。また来年島根でお会いしたいと思います。









閲覧数:146回0件のコメント

最新記事

すべて表示

CLAP ハンズオンセミナー in 西日本整形災害外科学会のお知らせ

まだ定員に若干名の余裕があります。今週末の開催です。ただし西日本整形災害外科学会への参加が条件です。西日本の先生で学会参加予定の方は検討ください。CLAP 研究会の世話人がテーブルインストラクターで指導させていただきます。 成書や論文を読んでもなかなかわかりにくいもの。実際にモデルを使って体感していただければ手術の時にも役立ちます。 それとは別に透明の筋肉、骨を用いたデモを行います。骨内でどのよう

Bone & Joint Researchに掲載されました。

神戸大学の外傷グループからの論文です。 骨髄内の細胞に対する高濃度ゲンタマイシンの組織障害性の研究が掲載されました。過去の報告に比べて、骨芽細胞系の実験細胞ではなく、生体内の細胞集団を用いていること、いろいろな角度から評価していることが特徴です。多くの評価でGMが750μg/ml以上で組織障害がありそうとの傾向です。in vitroの結果ですので、臨床の体内の環境とは異なるためそのまま当てはめるこ

Comments


bottom of page